メンズのシルバーアクセサリーを身に付けて男らしさを狙え

二輪車での荷物収納に

愛車に適したものを選ぼう

男性

自動車と比較して二輪車だと荷物の積載量も限られてきますが、そういった際に利用すると便利なのがサイドバッグです。サイズとしてはさほど大きくありませんが、それでいて収納力は高い上、邪魔にならずに二輪車に設置可能できるため、自転車やバイクの愛用者にとってはありがたい存在です。そんなサイドバッグですが、デザインや素材などは実に豊富であり、車種別に合わせて作られたサイドバッグなども存在しています。それゆえにサイドバッグを選ぶ場合、車種に合わせて選ぶことが一番簡単な方法です。しかし、必ずしも車種に合った種類のサイドバッグが市販されているとは限りません。そういった場合は積載量や素材、サイズなどから選ぶことになります。ちなみにバイクの場合は、とくにサイズについては注意が必要です。サイズが大きすぎるとマフラーやタイヤに接触してしまい、焦げてしまうリスクがあります。他にも積載量も重たすぎるとバイクのバランスが崩れますし、着脱にも苦労することから、あまり大きすぎるものは最初は避けた方が無難です。また自転車ではサイドバッグの素材が布製のタイプが一般的に多い傾向にあります。しかし、雨天の場合はそれだと濡れてしまうため、布製ならば防水カバーなどを用意しましょう。このように選ぶ際に注意したいことがいろいろありますので、基本的に試着が可能ならば出来るだけ試着するようにしましょう。そして、試着できない場合は対応車種の記載を確認したりスタッフなどに質問するなどして、自分の愛車に合ったものを選ぶようにしましょう。

ベルトや補助金具で調整

サイドバッグ

サイドバッグは、バイクのリアシートの左右にぶら下げる形で取り付けます。そのためリアシートの形状に適したものを選ばなければ、運転の妨げとなることがあります。たとえばリアシートに対してサイドバッグが大きすぎると、揺れによりタイヤに触れる可能性があるのです。その状態で運転をすると、サイドバッグがタイヤとの摩擦で破れやすくなりますし、最悪の場合はホイールに巻き込まれてしまいます。これにより転倒のリスクも高くなるので、サイドバッグの購入時には、サイズ確認が必須となっています。ショップにもよりますが、リアシートへの試着が可能となっていることが多いので、安全に取り付けることができるかどうかを実際に確認してみるのです。また、サイドバッグにはサイズ調整が可能なベルトがついているものもあります。この場合は、試着の段階で多少サイズが合わなくても、ベルトの調整でジャストフィットさせることが可能です。たとえ試着ができないショップでも、こういったサイドバッグなら購入しやすいと言えます。ただし中には、リアシートとの相性が悪く、ベルトで調整してもフィットさせることができないサイドバッグもあります。それでもデザインなどが気に入り、どうしてもそれを使いたいという場合には、補助金具も一緒に購入する必要があります。タイヤの側面に補助金具を取り付けておけば、サイズの合わないサイドバッグでも、運転中にタイヤに触れる可能性が低くなるのです。

遠出する時に便利

鞄

サイドバッグはバイクや自転車を愛用している人にとって、欠かせないものです。それぞれの横に取りけるバッグのことを指します。専用のものが売られているので、いろいろと比較して選んでみましょう。バイク専門店や自転車専門店などで売られています。また、サイドバッグは通販でも購入可能です。通販の方が品数も多く、価格も安いものが多くなっています。デザイン性も最近は豊かになってきているので、いろいろなサイトを見てみましょう。中にはセール品になっているものもあります。もちろん、サイドバッグの中には何を入れても構いません。ツーリングやサイクリングで遠出する場合、いろいろな物が必要になります。ペットボトル飲料やタオルなど、必要な物が全て入るような大きさのものを選びましょう。ただし、あまり大きすぎると運転の邪魔になってしまいます。ある程度の大きさは決めておいた方が無難です。それから、重量も確認しましょう。重たいとこれもまた走行に負担がかかります。その代わり、荷重に関してはきちんとチェックした方がいいかもしれません。たくさん入れ過ぎて破けたり、壊れたりしては困ります。それと、最近のサイドバッグは雨にも強い防水加工がなされているものも多くなってきています。バイクや自転車のサイドに取り付けるので、どうしても雨が降ると雨ざらしです。この点も踏まえた上で適切なものを探しましょう。口コミレビューを参考にして、使い勝手のいいものを選ぶことをお勧めします。